2005年06月23日

クレジットカード流出問題って関係ありますか?

クレジットカード流出問題が世間を騒がせています、使ってもない請求が来たりネット上で買い物されたりしてるようですね、 昔からあるのでしょうが今回はかなり大規模なものらしく今後被害の拡大が懸念されています。 このページを見に来てくれる方々は借金があると推測されます(笑) みなさんの中にはすでに多重債務に陥っていて返済なんか当然ながら滞り気味でしょうね。 クレジットカードをお使いの方もおられるでしょうがカードは延滞すれば利用が止まります、 次も延滞したらカードを返却せねばならないというのが一般的ですね、だいたい金のない学生や低所得者、 主婦にまでクレジットカードを渡すこと自体問題なのではないかと私などは思うのですが、 ほとんどの利用者は数社のカードを使っていると思います、こんな支払い繰り延ばし生活をしていればいつか破綻するのは目に見えています。 カードは自分の資産以上の限度額を持たせることは間違っていると思います、 現金を持ち歩かなくても済むというのが本来の使用方法だったのでは? まぁこんなニュースもブラックリストに載っている借金大王には関係ないことでよかったですね。

 

posted by shinogi at 11:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年06月20日

ヤミ金、その他で怪しい借金をする前に。

みんな金に困ってるときは今日の食費をどうしよう・・たばこが買えない・・子供の学費が払えない・・などと所帯じみたことにも窮してしまうものです、まじめな人ほどこれをヤミ金ででも調達して何とかしようと考えがちです、でもそういうところから借りるだけ借りておいて後で飛ぶのは自分です、そんなことになる前に他に手段は残されていないのでしょうか?
一例として、居住地の役所(区役所レベル)で生活福祉資金というのがあります、これは住民が諸事情により生活に窮迫した場合に役所(国・市町村)が緊急措置自立支援のため数万円から数十万円(各市町村によって異なります)のお金を貸してくれるという制度です。
条件も各市町村によって異なるようですが、基本的には「低所得者」「身体障害者」「介護の必要な方」「高齢者」などが対象です、簡単に言えばお金が無くて生活が困難な方であれば相談に乗ってくれるというものです、詳しくは役所に行けば教えてもらえます、役所で聞けばお住まいの地区の民生委員という役の方を紹介していただけますのでその方を訪ねて相談してください。
金利も無利子の場合と有利子の場合があるようですがかなりの低利ですので安心です、支払い方法もかなりの長期が可能なようです。

生活福祉資金について調べたい方はGoogleやYahooなどの検索エンジンで「生活福祉資金」「生活福祉資金 ○○市」などのキーワードで調べれば諸条件、申し込み方法などが詳しく解説されています。
 

posted by shinogi at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年06月08日

フリーター、ニート予備軍の年収

最近また増加傾向にあるフリーター。年齢層も結構上がってるようで40歳でフリーターなんて方も珍しくないようです、この人たちの年収はいったいどの程度なのでしょう、人は社会人になると大きく分けて「上場会社などの一流企業に勤める」「親や身内の会社を継ぐ」「中小(弱小)企業で現場労働者をする」「自分で起業する」「アルバイトで生計を立てる」「無職でいる」に分類されると思います、最近では低年収での暮らし方などというような書籍などもよく売れているようで収入の低い人には慰めになっていることでしょう、しかし普通に考えれば40歳ですと大企業勤務の場合年収1千万超は珍しくない年齢です、これが中小企業の場合400万〜500万前後、フリーターなら150万〜250万というところでしょう、実際収入における生活格差は3倍〜4倍にもなります、時給1.000円程度の生活を一生続けていくことが果たしてまともなのかはわかりませんが、どうも日本人は「これでも死なない」的な考え方をしてる人が多いようです、そのくせ収入に見合った生活をすることには大いに不満があるようです、本当に質素に現実を見つめる事が出来る人は年収100万でも貯金は数百万だったりしますし、年収1.000万でも多重債務者だったりします、しかしほとんどの場合収入より支出が多く、その支出も金を生まない行為ばかりです、これは適当に楽しいことをしながらきちんと働いていけばリスクは少ないですよという教育を受けてきた結果なのでしょう。
働かないのは論外としても、アルバイトで月15万とかいう生活を年単位で続けている方は同じ労働をするのならもう少し考えた方がいいかもしれません、夢を実現するために定職には就けないなどというのは10代後半から22.23歳までのことです、贅沢するためではなく本当に平均的な暮らしをするために定職に就く、学歴もないから収入のいい起業に就職するのは無理だという方は自分の器量で起業する準備をしましょう、フリーターさん達はそれで満足しているのではなく低収入でのギリギリ、または赤字での生活に慣れているだけなんです、ほんとうに人間は慣れる生き物なんですよ。

 

posted by shinogi at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム


★ロリポップサーバー☆月額100円(税抜)〜で容量最大400GB★

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。