2006年03月01日

金も無いのに紙を触るな!

昨今は支払いから責任までなんでも先延ばしにする風潮が蔓延してますね。

一般個人もクレジットカードを持っていない人が珍しいほど普及し、厳禁が無くても物が買える?ような錯覚に陥ります。

ETCの普及で高速がタダになったような感じはしていませんか?、そう感じたあなたはもう落ち目です。

本来クレジットカードなどというものは欧米の金持ちが現金を持つのがめんどくさかったり、つけで買い物をする習慣があったために発展したものです。日本のように消費の先送りのために使用されている国も珍しいでしょう。

企業も同じで、法人カードは別として、決済には「手形」「小切手」というものが使われる場合があります。

当然ながらそれらの”紙”に記載されている日付までに当座預金へ相当額が入金されていなければならないのですが、中小企業にこんなものは本来必要ありません。

有名大手上場企業のように、支払先が数千社、支払額が数百億円などという場合において利用するのに便利なものであって、10万前後の金を動かすために使う物ではないのです。

現金の出納が把握できるとかいうのはタダの言い訳で、実際は期日までに金をつくればいいというバクチなのです。

ですから落ち目な方は、すぐに紙を銀行に返却し、捨ててしまいましょう。
それだけで復活できる確率は高まるはずです。
 

posted by shinogi at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


★ロリポップサーバー☆月額100円(税抜)〜で容量最大400GB★

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。