2005年06月08日

フリーター、ニート予備軍の年収

最近また増加傾向にあるフリーター。年齢層も結構上がってるようで40歳でフリーターなんて方も珍しくないようです、この人たちの年収はいったいどの程度なのでしょう、人は社会人になると大きく分けて「上場会社などの一流企業に勤める」「親や身内の会社を継ぐ」「中小(弱小)企業で現場労働者をする」「自分で起業する」「アルバイトで生計を立てる」「無職でいる」に分類されると思います、最近では低年収での暮らし方などというような書籍などもよく売れているようで収入の低い人には慰めになっていることでしょう、しかし普通に考えれば40歳ですと大企業勤務の場合年収1千万超は珍しくない年齢です、これが中小企業の場合400万〜500万前後、フリーターなら150万〜250万というところでしょう、実際収入における生活格差は3倍〜4倍にもなります、時給1.000円程度の生活を一生続けていくことが果たしてまともなのかはわかりませんが、どうも日本人は「これでも死なない」的な考え方をしてる人が多いようです、そのくせ収入に見合った生活をすることには大いに不満があるようです、本当に質素に現実を見つめる事が出来る人は年収100万でも貯金は数百万だったりしますし、年収1.000万でも多重債務者だったりします、しかしほとんどの場合収入より支出が多く、その支出も金を生まない行為ばかりです、これは適当に楽しいことをしながらきちんと働いていけばリスクは少ないですよという教育を受けてきた結果なのでしょう。
働かないのは論外としても、アルバイトで月15万とかいう生活を年単位で続けている方は同じ労働をするのならもう少し考えた方がいいかもしれません、夢を実現するために定職には就けないなどというのは10代後半から22.23歳までのことです、贅沢するためではなく本当に平均的な暮らしをするために定職に就く、学歴もないから収入のいい起業に就職するのは無理だという方は自分の器量で起業する準備をしましょう、フリーターさん達はそれで満足しているのではなく低収入でのギリギリ、または赤字での生活に慣れているだけなんです、ほんとうに人間は慣れる生き物なんですよ。

 

posted by shinogi at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

年収 1000万円 !
Excerpt: そんな世の中でも年収1000万円以上稼いでいる人は確かにいます・・・。
Weblog: 年収 1000万円 !
Tracked: 2006-03-07 20:50


★ロリポップサーバー☆月額100円(税抜)〜で容量最大400GB★

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。