2007年02月06日

消費者金融の審査が厳格に。

昨年末から話題になっている”グレーゾーン金利”の撤廃により、各消費者金融大手は、利益率の低下などを懸念しています。

人員整理や店舗数縮小などを行うにあたって”消費者”にはとりあえず関係ないような気もしますが、関係あることも浮上しています。

DCキャッシュワンなら実質年率12.0%〜18.0%

続きを読む
 

posted by shinogi at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2007年01月22日

やっぱり借りちゃう〜あの手この手の貸し金方。

ヤミ金問題も社会現象となり、業者の台頭や被害者数も沈静化しているように見受けられますが、それは違います。

借金常習者はお気づきでしょうが、相変わらず「ブラックOK!」とか、携帯電話番号しか書いていない貸し金広告を見かけるはずです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2007年01月03日

他人名義なおっさん達。

借金がかさんできて身動きが取れない人間は、その人間そのものの持ち物、アイテム、データがころころ変わるものです。

第三者をあてにする、もしくは食うことによって己の身動きを取ろうとするたくましい貧乏人は増える一方です。

続きを読む
 

posted by shinogi at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年12月31日

パチンコやめてオンライントレードはいかが?

貧乏人の典型的墜落原因の一つにギャンブルがあります。

「俺は勝ってる」、「負けても取り返せる」などという妄想もそう長くは続かないのが現実です。

最近では主婦などもパチンコ・スロットなどにはまり、20万、50万と中途半端な借金を始めることが多いようです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年12月03日

年末・年始だけ所在がはっきりする債務者

早12月になり、いよいよ今年もあと一ヶ月を切りました。

江戸時代などは”借金の清算は大晦日までに”というのは常識で、ある意味年末一括払いのような意味があったそうです。

今の世の中はどうなんでしょう?

続きを読む
 

posted by shinogi at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年10月05日

それを世間は「ポン手」と言うんだよ。

商売人にはおなじみの”手形””小切手”などの決済手段。

銀行に信用がある間は、現金の用意無しにこれらの紙を信用に、得意先や下請けに支払いをすることもできる便利な”紙”です。

しかし、この手形、小切手類は、約束の期日までに、当座預金に残高を用意しておかなければ”不渡り”ということになり、受け取った方はお金がもらえないということになります。

続きを読む
 

posted by shinogi at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年10月03日

逃げたやつの住民票を追いかけろ!

人が引っ越しをする場合、いくつかの理由が考えられます。

1.順風満帆の暮らしをしていて、新居に移る(買う)
2.親と同居から一人暮らしになる
3.家賃を払えず追い出される
4.借金を払っていないため、金融業者の”追い込み”から逃げる

などでしょう。

続きを読む
 

posted by shinogi at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2006年09月22日

金融業者は鬼なのか?

よく、人から”借金返済が遅れている、家や会社に来られたり、どこかへ連れて行かれたりはしないか?”みたいな相談を受けますが、借金に追われている方々の金融業者への印象というのは一概に”恐ろしい”というもののようです。

何が怖いか具体的にわからないのがよけいに恐怖を増幅させているのでしょうが、金融業者(少なくとも正規業者)は鬼ではありません。

続きを読む
 

posted by shinogi at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年08月24日

差し押さえになったら?

借金も未払いが続くと、債権者によっては裁判所に申し立てて動産などの差し押さえを通知してくることがあります。

借金で困っている方はたいした資産も無いため、たいていは家財道具などの差し押さえになるのですがこれはどういう流れで行われるのでしょうか。

続きを読む
 

posted by shinogi at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2006年07月22日

消費者金融でみんなフラフラ?

今日の夕刊紙にあたりまえというか現実的な記事が載ってました。

33カ所の信用情報センターで調査した統計結果なのですが、信用情報登録者(要するに借金している人)のなかで消費者金融に借金している人約1400万人中、5社以上で借金している人が230万人、その借入金平均残高は200万円前後というものです。

信頼のブランド ■ シティカード VISA ■最短10分審査!


続きを読む
 

posted by shinogi at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年03月07日

借金できない幸せ。

このブログを訪問してくださる方々は、自分が借金に困っていたり、家族や知人が借金に関わっていて何らかの情報を得たい方も多いのではないでしょうか?

しかし、ヤミ金に手を出さないということが条件であれば、借金で困っている、ブラックリストに載っていて金策に困っているという方は、考え方を変えれば、「もう借金できない」ということです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年03月01日

金も無いのに紙を触るな!

昨今は支払いから責任までなんでも先延ばしにする風潮が蔓延してますね。

一般個人もクレジットカードを持っていない人が珍しいほど普及し、厳禁が無くても物が買える?ような錯覚に陥ります。

ETCの普及で高速がタダになったような感じはしていませんか?、そう感じたあなたはもう落ち目です。

続きを読む
 

posted by shinogi at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年02月10日

あんたの会社は永遠に続くわけじゃない。

借金苦にあえいでいるのは若い個人から町工場のおやじまで幅広くいることと思われます、中でも中小企業の経営者のあがき方は尋常ではないような感があります。

中小企業とは定義があいまいですが、このサイトにたどり着く方が経営者で、まぁ要するに利益より支払いが多く、世間的認知が無く、従業員数が3桁以下の会社を指していると仮定します。

続きを読む
 

posted by shinogi at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 借金コラム
2006年01月02日

欠陥住宅のローンなんかで悩むのはなぜ?

正月ですね。おめでとうございます。
今年も訳のわからないこと書きますけどよろしくお願いいたします。

昨年終盤から世間を騒がせている耐震強度偽造問題。
この件で、住宅ローンを抱えたまま引っ越しを余儀なくされている方々が多数おられ、またも一般市民が泣きを見るという構図が浮き彫りにされました。

続きを読む
 

posted by shinogi at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年12月31日

年は越せそうですか?

いよいよ大晦日ですね。

今年の大晦日はしのげましたか?年末だから払えとか年内にお願いしますなんて督促はきていませんか?

いつも逃げてたりノラリクラリと体をかわしている債務者も年末年始だけは家や実家にいるだろう・・と集金に駆けつけてくる人もいますのでまだ気が抜けませんね(笑)

続きを読む
 

posted by shinogi at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年06月23日

クレジットカード流出問題って関係ありますか?

クレジットカード流出問題が世間を騒がせています、使ってもない請求が来たりネット上で買い物されたりしてるようですね、 昔からあるのでしょうが今回はかなり大規模なものらしく今後被害の拡大が懸念されています。 このページを見に来てくれる方々は借金があると推測されます(笑) みなさんの中にはすでに多重債務に陥っていて返済なんか当然ながら滞り気味でしょうね。 クレジットカードをお使いの方もおられるでしょうがカードは延滞すれば利用が止まります、 次も延滞したらカードを返却せねばならないというのが一般的ですね、だいたい金のない学生や低所得者、 主婦にまでクレジットカードを渡すこと自体問題なのではないかと私などは思うのですが、 ほとんどの利用者は数社のカードを使っていると思います、こんな支払い繰り延ばし生活をしていればいつか破綻するのは目に見えています。 カードは自分の資産以上の限度額を持たせることは間違っていると思います、 現金を持ち歩かなくても済むというのが本来の使用方法だったのでは? まぁこんなニュースもブラックリストに載っている借金大王には関係ないことでよかったですね。

 

posted by shinogi at 11:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年06月20日

ヤミ金、その他で怪しい借金をする前に。

みんな金に困ってるときは今日の食費をどうしよう・・たばこが買えない・・子供の学費が払えない・・などと所帯じみたことにも窮してしまうものです、まじめな人ほどこれをヤミ金ででも調達して何とかしようと考えがちです、でもそういうところから借りるだけ借りておいて後で飛ぶのは自分です、そんなことになる前に他に手段は残されていないのでしょうか?
一例として、居住地の役所(区役所レベル)で生活福祉資金というのがあります、これは住民が諸事情により生活に窮迫した場合に役所(国・市町村)が緊急措置自立支援のため数万円から数十万円(各市町村によって異なります)のお金を貸してくれるという制度です。
条件も各市町村によって異なるようですが、基本的には「低所得者」「身体障害者」「介護の必要な方」「高齢者」などが対象です、簡単に言えばお金が無くて生活が困難な方であれば相談に乗ってくれるというものです、詳しくは役所に行けば教えてもらえます、役所で聞けばお住まいの地区の民生委員という役の方を紹介していただけますのでその方を訪ねて相談してください。
金利も無利子の場合と有利子の場合があるようですがかなりの低利ですので安心です、支払い方法もかなりの長期が可能なようです。

生活福祉資金について調べたい方はGoogleやYahooなどの検索エンジンで「生活福祉資金」「生活福祉資金 ○○市」などのキーワードで調べれば諸条件、申し込み方法などが詳しく解説されています。
 

posted by shinogi at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年06月08日

フリーター、ニート予備軍の年収

最近また増加傾向にあるフリーター。年齢層も結構上がってるようで40歳でフリーターなんて方も珍しくないようです、この人たちの年収はいったいどの程度なのでしょう、人は社会人になると大きく分けて「上場会社などの一流企業に勤める」「親や身内の会社を継ぐ」「中小(弱小)企業で現場労働者をする」「自分で起業する」「アルバイトで生計を立てる」「無職でいる」に分類されると思います、最近では低年収での暮らし方などというような書籍などもよく売れているようで収入の低い人には慰めになっていることでしょう、しかし普通に考えれば40歳ですと大企業勤務の場合年収1千万超は珍しくない年齢です、これが中小企業の場合400万〜500万前後、フリーターなら150万〜250万というところでしょう、実際収入における生活格差は3倍〜4倍にもなります、時給1.000円程度の生活を一生続けていくことが果たしてまともなのかはわかりませんが、どうも日本人は「これでも死なない」的な考え方をしてる人が多いようです、そのくせ収入に見合った生活をすることには大いに不満があるようです、本当に質素に現実を見つめる事が出来る人は年収100万でも貯金は数百万だったりしますし、年収1.000万でも多重債務者だったりします、しかしほとんどの場合収入より支出が多く、その支出も金を生まない行為ばかりです、これは適当に楽しいことをしながらきちんと働いていけばリスクは少ないですよという教育を受けてきた結果なのでしょう。
働かないのは論外としても、アルバイトで月15万とかいう生活を年単位で続けている方は同じ労働をするのならもう少し考えた方がいいかもしれません、夢を実現するために定職には就けないなどというのは10代後半から22.23歳までのことです、贅沢するためではなく本当に平均的な暮らしをするために定職に就く、学歴もないから収入のいい起業に就職するのは無理だという方は自分の器量で起業する準備をしましょう、フリーターさん達はそれで満足しているのではなく低収入でのギリギリ、または赤字での生活に慣れているだけなんです、ほんとうに人間は慣れる生き物なんですよ。

 

posted by shinogi at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2005年05月24日

サラ金・金融業者から借りられる金額

借金地獄とはいったいいくらぐらいの借金が出来たら陥ってしまうのでしょうか? 最初はみんなそんなことにはならないと軽い気持ちで借りているのでしょうけど、 結果的に多重債務に陥り収入より返済の方が多いというような状況になってしまい、その結果が地獄というところなのでしょう。 一昔前の金融屋さんは借金申し込みに行くと必要以上の融資枠を目一杯作ってくれて結局全部借りてしまうように誘導していたように思います、 最近の広告にある”ご利用は計画的に”なんて文句は一言もありませんでした。2. 30代の普通のサラリーマンでも数社回れば300万とか借りられたこともザラだったと思います、 年収300〜400万でこれはもう異常事態ですね、火がつくどころの騒ぎじゃないでしょう、その結果多重債務による自己破産や家族離散、 自殺、犯罪などが増加していることは周知の通りです、この反省?を踏まえてか最近では業者1件あたりの融資額は極端に落ちていると思います、 新規申し込みでしたら5万とか10万の融資しか受けられないこともよくあります、 それも5社ほど回れば情報がまわってもう借りることは出来なくなってしまいます。これで自殺は減ったか?破産は減ったか? と言えばそうでもないようです、結局不足分はクレジットカードや他の金融商品に置き換わっているだけなのが現状だからです。 今は金融会社も相手の信用状況第一ですしたくさん貸して追い込んで破産でもされたらかなわないからです。 アングラ手口かもしれませんがこの信用状況をアップさせる方法として有効なのは、 新規申し込みでたとえば5万円しか借りられなかったとします、 その5万円を1週間か10日ほど使わずに置いておいてほんの少しの利息を+して分割ではなく一括で全額返済してしまうのです、 するとあなたのカードは限度額が30万とか50万の融資枠に上がっているかもしれません・・別に違法性もないでしょうし・・・ このブログでも何社か金融業者さんをご紹介していますがご利用の際は本当に金利計算をし、実質の支払金額を把握し、 毎月の支払いを月収の1割までに押さえれば地獄ではなくかしこい利用が可能だと思います。

 

posted by shinogi at 18:09 | Comment(7) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年05月19日

債権譲渡について

借金を返してもらえない場合、その債権を譲渡(売却)することができます、業として債権の買い取りを行い回収するには債権回収業の許認可が必要ですが個人レベルでは実際に行われているようです、最近では携帯電話や通信販売の支払いが滞ると債権回収業者からの督促状が来ることが多いですが個人レベルの債権でよそから支払い督促が来た場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

一般的に債権譲渡を行うには
1.債務者と譲受人の間での債権譲渡証書の作成
2.1.の書面を公証役場で公正証書にする
3.債権者から債務者への債権譲渡通知書の内容証明郵便による通知
4.譲受人から債務者への内容証明による支払い督促通知

というのが基本です、金利などを取っていない個人レベルの債権はこの方法がまだ通用するようです、もし自分が個人から借りている債権に対して債権譲渡をされてしまい、どこの誰だかわからない方々から通知が来た場合はどうすればよいのでしょうか。
よく抜けているのが3の債権譲渡通知です、これを受け取っていない場合は債権譲渡は認める必要はありません、また、相手が何者かわからない場合は直接話をせずに弁護士などに相談することをお勧めします、場合によってはこのような債権譲渡は認められないことがあります。誰だかわからない人間からの内容証明は受け取らないようにしましょう。
債権譲渡の有効点はこのように誰かわからない方々からの督促に切り替わって債務者がビビってしまうところにあります。
 

posted by shinogi at 17:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年05月07日

借金したら家族はどうなるの?

借金って結構みんな家族に内緒でしてることが多いみたいです、しかし返済に詰まってくると督促状や電話が業者からかかってきて結局ばれるというパターンですね、電話も最初は個人名でかかってきますが遅延が数ヶ月になったりすると業者名をはっきり言ったりします、この場合一般的な家庭の主婦やまともな親などはとんでもないことだと右往左往し借金している本人を責め立てたりついうっかり代わりに返済してしまったりしがちです、しかし借金というのは保証人になっていないかぎり親でも兄弟でも配偶者でも支払う義務も業者の話を聞く必要も全くありません、別に無視してもなんの問題もありません、間違って相手が”身内だから払ってください”などと言って支払いを強要などしてきたら断固拒否しましょう、支払ったらその時点で代理弁済者にされかねません。これを逆手に取った例として、それじゃあ代わりに支払いますから領収証は私の名前してください”と言ってわずかな金額を支払い、後日監督省庁に訴え出て借金をチャラにしてしまったという強者もいます。
前にも言いましたが金融業者は鬼でもなんでも無く、一般のサラリーマンです、おかしな態度には断固拒否で対応し、そのようなことがあれば逆に揚げ足を取ってしまうというのも窮地での開き直り方としては有効かもしれません。

 

posted by shinogi at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム

いろんな金の貸し方

貧乏・ブラックときたらもう借りるあても無いのでしょうか?
答えはNoです、そんなあなたを食い散らかそうと待ってる方々もたくさんいます(^^;)

■代表的なのはヤミ金、こちらはサービスも様々でお金を都合のいい場所まで宅配してくれたり、パチンコ競馬などのギャンブルできっちり負けてももう一勝負したい方にはその場所で待っててくれたりします。
ガソリン代も無いあなたも出向く必要はありません。

■前回、家財やなんかを売れば多少は金になると書きましたが、売った物をそのまま利用しながらお金を手にすることもできます、いわゆる古物商偽装高利ヤミ金融です。
手順はこうです・・
1.電話して古物の買い取りを依頼する
2.見積もってもらって売買契約をする
3.売った物を逆に古物屋から自分にレンタルしてもらう契約をする
4.毎月びくりするような金額でレンタル料金を支払う
・・というものです、払えなくなったらきっちり物は回収されます。

今日はこの辺にしときます・・上記はいずれも非常に違法性が高いものです、間違っても利用を勧めるつもりはありませんし安易に利用しないよう啓蒙の意味を込めていますのでご了承ください。(^^;)
業者を決して認めてはいませんが引っかかったからといっても被害者ではないんですよ、勘違いしないようにしましょうね。

最近はヤミ金などで金借りて被害者顔して平気で警察に駆け込む強者貧乏人もいるらしいですね、逞しいことです。
 

posted by shinogi at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年05月06日

借金があって困ってます・・と言われても。

何でも質問してそれに答えてくれるサイトが結構盛り上がってます、僕もちょくちょく覗いて質問に答えたりしてますが非常に参考になったり馬鹿な質問があったりしておもしろいです。
この中にかなり多いのが”借金があって困ってます”とか”夫に借金がありましたどうしましょう!”なんていう借金ネタがかなり目に付きます。
回答者もかなり多く、定番の回答は”弁護士に相談しましょう””警察に行きましょう”などというどうにもならない回答ばかりでなんの参考にもなりません、上記の答えが当てはまらないようなレアな質問には自分なりの回答をすることもありますが弁護士・警察で済むのなら当人は悩んでいないはずです、そんなことは漫画にも書いてあることだからです。
警察はヤミ金などということが明らかな場合や組織暴力団体や実際に暴力で取り立てられたときには有効ですが借金問題の解決には基本的に不介入です、弁護士も相談するのはいいのですが30分5000円というお金がかかってほとんどは相談だけでは気休めにもならないはずです、そこから依頼して破産手続きなり、悪徳業者への窓口になってもらったりして初めて効果が出ます、しかし依頼するには2.30万〜50万円程度のお金が必要ですしたかだか100や200の借金で依頼するのも考えものです、だいたい人に相談しないと世渡り出来ない人は借金してはいけないというのが基本です、そんなことしなくてもきちんと返してくれると判断して相手は貸しているんです、夫の小銭の借金程度でどたばた騒ぐ妻も論外ですし、借金ぐらい妻に堂々と言えない夫も情けないものです。事業で収益が見込める場合を除いて金を借りると言うことは自分の器以上のことをしていると言うことを認識し、それが不履行になった場合多少はつらい目に遭うということぐらいはきちんと想定しておきましょう。
 

posted by shinogi at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年05月05日

クレジットカードとリボ払い。

先日知り合いからクレジットカードを利用してキャッシングしてるがいつまで払っても終わらない・・と相談されました、メジャーな信販会社発行のカードですが金利はなんと25.8%!こんな金利サラ金でも最近無いですよ。勘違いしてる人が多いのですがカードでのキャッシングも立派な借金です、本来クレジットカードというのはそこそこ口座にお金は持ってるけど安全面や利便性でカードを使っほうがスマートだからという方が使う物で使ったお金を後払いにして支払いを先送りにするというような使い方はするべきでは無いのです。本当にカードを使える人はこの国ではごくわずかでしょう。まぁ財布にサラ金のカードが入ってるよりはかっこいいのかもしれませんが毎月金利のために何日か働くというのはどうでしょうか・・限度額より口座のお金が少ないのなら使うべきでは無いと私は思います。



 

posted by shinogi at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2005年05月03日

金に悩むと頭に電波が入ってきます。

いつの時代も悩みの代表は”お金””人間関係””健康”が常です。
中でもお金で電波な状態になる方は非常に大きなウェイトを占めていると思います、お金で困るといろいろな電波が入ってきます、まず体調が非常に悪くなる、胃や頭が痛くなったり体中がだるくなったりしてきます、そして自分の金銭的悩みを理解できなくなってくるようです、代表的なのは間違いを認めない、ギャンブルでお金が入ってくるはずだと神になったつもりで思いこむ、本業をおろそかにし他の副業や儲け話ばかり貧乏人としているといった状態です、だいたい本業以外のことに手を出すとほとんど自爆してしまうことが多いです、新規事業参入や新企画などは金持ちが余った金でやるから儲かるわけであって貧乏人が智恵を出し合ってどうこうできるものではないものです。
ついでに訳のわからない架空請求などの犯罪的行為に引っかかりやすくなったりもします、
貧乏になるのはほんの半年程度で十分なのですが復活するのは10年以上かかる場合も珍しくありませんのでその点をよく認識してあれこれ模索しないようにし、少なくても自分の収入源としての仕事を確実にこなしていけば地獄には堕ちないはずです。
しかしこのままでは返済や支払いができない・・という方はどうすればいいのか・・
答えは簡単です、払わなくて済む方法を考えればいいだけです。
はっきり言って返すのは”無理”ですから気持ちを切り替えて電波な自分を認識し開き直ってみませんか?
 

posted by shinogi at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム

禁断のアングラサイト?

ブログ散策してたらこんなサイトが紹介されていました、日本でかなり日常的なこのアングラテーマについて触れているサイトが非常に少ない中で勇気ある?サイトだと思います、借金でこの世界の方々のお世話にならないようにしないとね。(^^)/でも勉強不足!?
 

posted by shinogi at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年05月02日

ヤミ金なんかに手を出してまで・・・

どこも支払いが出来ずにこれ以上借金が出来ない状態の人がヤミ金などに行くんだと思いますがだいたいヤミ金ってのは平均2〜5万円程度の金しか貸してくれません、こんな金がこんなとこで借りなければならない状態というのはもう”飯も食えない”ということなんだなと思います、しかしよく考えれば2.3万なんてお金のために法的措置も通用しないところから借金して逃げなきゃならないなんてのはおかしいと思います。
こんなお金は家の中を見回せばきっと出来るんですよ、リサイクルショップにエアコンを売る、骨董品のような電化製品やレアなグッズや親の使っていた古い製品などもきっと家探しすればあるものです、最近はオークションで何でも売れますしね。意外な物が意外な値段で売れることもあります(オークションの場合やりとりに日数がかかりますのでその日のご飯代にはならないかもしれませんが・・)前にも書きましたが最近の貧乏人は大昔と違ってどんなに苦しくても車・携帯は持ってます、車がなければ仕事にならないとか携帯無ければ・・とか訳のわからないことを言ってますが車に付いてるオーディオやナビ、ホイール変えてるならホイールだけでも売ってしまえばいいのですよ。
ヤミで借りて転居するような羽目になったらもっとお金も必要になるんですから。
正体不明の金策に走る労力はあるんでしょうからこれぐらい簡単なことでしょ?

オークションならビッダーズ
 

posted by shinogi at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2005年04月30日

保証人紹介!って看板見かけませんか?

高速道路の柱や空き地のフェンスによくある看板で”保証人”とか”保証人紹介します”っていう怪しい看板見かけませんか?見たらつい電話してしまったなどという方は世間知らずです。(^^;)

基本的には保証人を紹介してほしい人と紹介してほしい人を引き合わせて(実際には顔は合わさないと思いますが)保証人のなりっこをするというインチキまがいがほとんどでしょう。

続きを読む
 

posted by shinogi at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月28日

身内の借金は返す必要があるか?

借金の返済が滞り本人と連絡が取れなくなったら業者はまず自宅に訪問してきます、それでも本人が居なければ同居(別居)の家族が居る場合その人に事情を告げることになります、この場合たいていは親なのですが、えらいこっちゃ!と思いいくらかの金額を代理弁済してしまうケースがよく見られます。

TVCMをしている大手でも例外ではなく、地方の親などはうっかり払ってしまうことも多いようです、身内に連絡があるだけでも迷惑なのに金まで払わなければならないのはとんでもないことです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月27日

借金一本化って本当?・・まず無理でしょう。

よく週刊誌やスポーツ新聞の広告などで”ブラックOK!”借金一本化””年利1%”っての見かけませんか?困ってる人は怪しいなと思いつつもつい電話してしまったりするらしいです。

こういう類は基本的にヤミ金ではありませんが相談に行くと結局カモられることが多いようですね、まずはたくみに来店を促し、訪問すると”お宅の状況はひどすぎるのでうちの低金利融資は難しい、しかしせっかく来てもらったのでなんとか力になります”などと言いつつ半強制的に超高金利金融屋と契約させたり、前回書いたようなアングラ手法で金策させて半分程度のピンハネをするような犯罪的なところもあるようです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム

貧乏人の贅沢品利用

金がない!なにかいい話無い?なんて聞いてる借金まみれの人ってなぜかネットで怪しい情報探してたりしますよね、私なんかはパソコン持っててネットに接続できてるなんてのは結構余裕な暮らしぶりだなぁと思ってしまいます。

もちろん携帯なんかもきっちり持ってて日夜金になることはないかと知り合いと電話ばかりしていたりします、大半は貧乏人同士の情報交換なんですけどね。

続きを読む
 

posted by shinogi at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月25日

借金で事件を起こす人はいても殺されることはない?

最近新聞やTVニュースを見てるとなんと金に困ってばかみたいな事件を起こす人が多いことでしょう、コンビニ襲って5000円とかお年寄り殺して2万円とか恐ろしいやら情けないやらという世の中ですね。

景気の善し悪しにかかわらずいつの時代も貧乏人はいてそれなりにこの種の事件は数字的にはあるのでしょうがなんかもうちょっと借金に対して軽く考えられないものですかねぇ・・

続きを読む
 

posted by shinogi at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月24日

金が無くても手を出すな!怪しい誘惑

前回お伝えしたように金に困っているとあらゆる人からあらゆる誘惑?のような儲け話や事業?のようなお誘いがあります。

つまらないものから大がかりなことまで様々です、この中には本当にいくらかの小銭を得ることができることおありますし現状以上に借金が増えてしまうものもあります、どっちにしろ貧乏人が立ち直るにはやはり健全な仕事を一生懸命することと法的措置などでやりなおすのが本道でしょう。

ではよくある錬金術?を挙げてみましょう。
この中には当然法律に反する行為も含まれていると思われますのでもしどこかで聞いても手を出さない方が無難です、以下の例は具体的な方法などは書けません・・


続きを読む
 

posted by shinogi at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月23日

貧乏人から貧乏人への誘惑

借金などで経済的に破綻している人がお金を作るために動いているとどこからかそのような状況をかぎつけていろいろな方がいわゆる”おいしい”話を持ちかけてきます、金がない、金がない・・と念仏を唱えていると必ずアンダーグラウンドな方々が集まってくるんですね。

不思議なことに貧乏人は貧乏人としか知り合わないというわけのわからない法則のようなものがあります。

続きを読む
 

posted by shinogi at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月20日

車で融資って看板見かけませんか?

車で融資!って看板よく見かけませんか?このような金融業者を利用したことがある方は案外少ないのではないでしょうか、システムは以下のようになっています。

1.ローン支払い中の使用車を担保に車金融業者へ行く
2.その車が一般の中古車価格の約30〜40%の金額で担保になり融資を受ける
3.毎月所定の金利、元金などを返済する

という簡単なものです、一般の消費者金融などと違うのは担保があるということです、金利は大手消費者金融と比べて若干割高なところが多いようです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム
2005年04月18日

特定調停ってどんなの?

借金が返済不能になったら、または債務の軽減を行いたいのなら特定調停が音便で有効性があると思います、特定調停とは最寄りの裁判所で簡単に手続きでき、費用もごく少額で行えるものです。

簡単に言えば裁判所に間に入ってもらって債務者と債権者が話し合い無理のない返済方法について協議し、債務者の負担を減らせることが出来ればなぁ・・というものです。結果は状況によりまちまちですがかなり有効性は高いです。

続きを読む
 

posted by shinogi at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 借金コラム

借金返さないとどんな目に遭うの?

借金をするのは簡単ですが返すのは100倍くらい難しいものです、ほとんどの人はまともに返済できないでいるのが現状ではないでしょうか?

そもそも返せないからまた借りるというのがパターンですから・・
そこで気になるのが返せなければどうなる?ということでしょう、この”どうなる”かがわからないからみんな不安で必死に返しているのだと思いますが消費者金融などで借りた場合金利だけで返済OKというのも珍しくなくこんなのでは借りた金が返せるわけもありません。

結論から言えば無担保の場合でしたら命はおろかなにも失いません、失うのは金融屋に対しての信用だけで今後生きていくのになんの支障もありません。

続きを読む
 

posted by shinogi at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月16日

借金の状態

借金の状態はいろいろありますがどのような状態で危険ラインなのか・・

カード、消費者金融などでの借金が4社以上有り、合計借入額が年収の20%を超えたあたりで危険ラインに達していると思われます。

続きを読む
 

posted by shinogi at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム
2005年04月15日

借金してますか?

はじめまして、借金してますか?借金で首が回らない方、これから借金しようとしている方、借金のしかたがよくわからない方、首がまわるようにしたい方の参考になればと思って作ってみました。

リアルな現実を見つめて金とうまくつきあいたいですね。


DSC00085.JPG
 

posted by shinogi at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金コラム


★ロリポップサーバー☆月額100円(税抜)〜で容量最大400GB★

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。